Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Slackware 3.6 でのサーバー構築(Apache,SAMBA,BINDなど)、および各種設定方法


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Slackware Linux > Printerの共有、設定

Printerの共有、設定

更新日:2007-10-19 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Slackware3.6

まず、bsdlprがインストールされているか確認します。あればインストールのところは読み飛ばしてください。

bsdlpr.tgz を ルートにおいておきます。

#tar xvzf bsdlpr.tgz

/etc/rc.d/rc.localファイルの中に
/usr/sbin/bsdlpd
の1行を追加しておきます。

PostScriptファイルも印刷したいので、ghostscriptもダウンロード、インストールします。
ghostscript-5.10.tar.gz
ghostscript-5.10gnu.tar.gz
ghostscript-font-std-5.10.tar.gz
ghostscript-font-other-5.10.tar.gz
ghostscript-5.10zlib.tar.gz
ghostscript-5.10jpg.tar.gz
ghostscript-5.10libpng.tar.gz
gs510j11.tar.gz

まず、ghostscript-5.10.tar.gz と ghostscript-5.10gnu.tar.gz を解凍します。

#tar xvzf ghostscript-5.10.tar.gz
#tar xvzf ghostscript-5.10gnu.tar.gz

gs5.10というディレクトリができるので、そのなかに ghostscript-5.10jpeg.tar.gz、ghostscript-5.10libpng.tar.gz、ghostscript-5.10zlib.tar.gz、gs510j14.tar.gzを解凍します。

#cd gs5.10
#tar xvzf ../ghostscript-5.10jpeg.tar.gz
#tar xvzf ../ghostscript-5.10libpng.tar.gz
#tar xvzf ../ghostscript-5.10zlib.tar.gz
#tar xvzf ../gs510j14.tar.gz

その後パッチをあて、tar_catを実行して、Makefileにリンクを張っておきます。

#patch -p1 < gs510j11.diff
#tar_cat
#ln -s unix-gcc.mak Makefile

ここまできたら コンパイル、インストールします。

#make
#make install

/etc/printcapファイルの中を確認して、

gs:lp=/dev/lp1:if=/usr/local/lib/gsf:sd=/var/spool/lpd:sh:sf:mx#0:
lp:lp=/dev/lp1:sd=/var/spool/lpd:sh:sf:mx#0:

の2行を書いておきます。

lp:デバイス
if:インプットフィルタ
sd:スプールディレクトリ
sh:
sf:
mx#0:スプール量の制限(0は無制限)
をあらわします。

スプールディレクトリを変更するときはそのディレクトリの属性を変更しておきます。
#chown root.lp /xxx/yyy/zzz
#chmod 755 /xxx/yyy/zzz
(/xxx/yyy/zzzはスプールするディレクトリです。)

/usr/local/lib/gsfファイルを以下の内容で作成します。

#!/bin/sh
/usr/local/bin/gs -q -dNOPAUSE -sDEVICE=lips3 -sPAGESIZE=a4 -sOutputFile=- -

属性を実行可能にしておきます。

#chmod +x /usr/local/lib/gsf

これでWindowsマシンからプリントする場合はlpに、psファイルを印字するときはlpr -Pgs xxx.ps とすればオッケーです。


Printerの共有、設定 について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<DHCPサーバーの設定  SAMBAの設定>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Slackware Linux > Printerの共有、設定





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【Printerの共有、設定】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/slackware/?text_no=81
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved