Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Slackware 3.6 でのサーバー構築(Apache,SAMBA,BINDなど)、および各種設定方法


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Slackware Linux > Linuxでテレビを見よう(bttvを使ってみる)

Linuxでテレビを見よう(bttvを使ってみる)

更新日:2007-10-19 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Slackware3.6

僕が使ったのはPROLINKのPlayTVProです。これはBt878を使っていますので、カーネルの2.2以降であればそのまま使えます。また、2.0系でもドライバをインストールすれば使えるようです。
ここでは、カーネル2.2系についての記述です。

まず、ドライバをダウンロードしてきます。
それを展開し、その中のMAKEDEVを使ってデバイスファイルを作っておきます。

#tar xvzf bttv-0.6.3.tar.gz
#cd bttv/driver
#./MAKEDEV

こうしておいて、カーネルを再構築します。
 
Video For Linux - Video For Linux mount
Video For Linux - BT848 Video For Linux mount

#make dep ; make clean ; make bzlilo ; make modules ; make modules_install ; depmod -a

そして、/etc/conf.modulesに次の行を追加しておきます。

alias char-major-81 bttv
pre-install bttv modprobe -k msp3400 ; modprobe -k tuner
options bttv card=0 radio=0
options tuner type=2
options msp3400

これで再起動してlsmodとしてモジュールがロードされていればオッケーです。

次にアプリケーションを用意します。
xawtvをダウンロードします。

それを展開し、インストールします。

#tar xvzf xawtv-2.40.tar.gz
#cd xawtv-2.40

ここでUHFの設定がおかしいのでソースを直しておきます。
(こちらを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。)

#make
#make install

これで終了です。xawtvとして起動すればオッケーです。
TV Norm を NTSC、Video Source を Television、Frequency table を ntsc-bcast-jpにしておきましょう。

これで映ったら大成功です。

うちではまだ音がでない、32bitモードでオーバーレイで表示すると左へずれるなどの問題があります。
近いうちに順番に直していきたいと思います。


Linuxでテレビを見よう(bttvを使ってみる) について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<Linuxペンギンを出そう(FrameBufferを使ってみる)  SoftwareRAIDで快適環境に>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Slackware Linux > Linuxでテレビを見よう(bttvを使ってみる)





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【Linuxでテレビを見よう(bttvを使ってみる)】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/slackware/?text_no=119
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved