Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Slackware 3.6 でのサーバー構築(Apache,SAMBA,BINDなど)、および各種設定方法


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Slackware Linux > Linuxペンギンを出そう(FrameBufferを使ってみる)

Linuxペンギンを出そう(FrameBufferを使ってみる)

更新日:2007-10-19 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Slackware3.6

これはKernel 2.2以降限定の記事、また設定はMillenniumII用になります。
これを使うと、まず起動時にプロセッサの数だけペンギンの絵が表示され、textモードでもかなり広く画面がつかえるようになります。

まずカーネルを再構築します。

#cd /usr/src/linux
#make xconfig
Code maturity ... - Prompt for development ... yes
Console driver - VGA text console yes
Console driver - Video mode selection support yes
Console driver - Support for frame buffer devices yes
Console driver - Matrox acceleration yes
Console driver - Millennium I/II support yes

と設定しておいて、再構築します。

#make dep ; make clean ; make bzlilo ; make modules ; make modules_install ; depmod -a

つぎにlilo野設定をします。

#cd /etc
#mule lilo.conf

append = "video=matrox:vesa:0x11A,mtrr"

行を追加します。ここでの設定は/usr/src/linux/Documentation/fb/内にあるファイルに詳しくかかれています。
続いてliloを書き込みます。

#lilo

これでリブートしてペンギンが表示され、解像度が変わっていればオッケーです。


Linuxペンギンを出そう(FrameBufferを使ってみる) について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<GIMPを使ってみる  Linuxでテレビを見よう(bttvを使ってみる)>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Slackware Linux > Linuxペンギンを出そう(FrameBufferを使ってみる)





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【Linuxペンギンを出そう(FrameBufferを使ってみる)】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/slackware/?text_no=118
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved