Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Slackware 3.6 でのサーバー構築(Apache,SAMBA,BINDなど)、および各種設定方法


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Slackware Linux > ホイールマウスを使ってみる

ホイールマウスを使ってみる

更新日:2007-10-21 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Slackware3.6

ここでは、NC4やXmuleでホイールを使ってスクロールできるように設定してみます。リソースを書くことでほかのものもいけるのではないでしょうか。
僕が使ったのはIBMのScrollPointMouseです。ほかにもMicroSoftのIntelliMouseやLogicool(Logitech)のファーストマウス等でいけると思います。

まず、XFree86の設定をします。XF86Configファイルの中を編集します。

Section "Pointer"
Protocol "IMPS/2"
ZAxisMapping 4 5
Device "/dev/mouse"
Resolution 100
Buttons 5
EndSection

そして、.Xdefaultsファイルに次の行を追加しておきます。

Netscape*drawingArea.translations: #replace \
: ArmLink() \n\
: ArmLink() \n\
~Shift: ActivateLink() \n\
~Shift: ActivateLink(new-window) \
DisarmLink() \n\
Shift: ActivateLink(save-only) \
DisarmLink() \n\
Shift: ActivateLink(save-only) \
DisarmLink() \n\
: DisarmLinkIfMoved() \n\
: DisarmLinkIfMoved() \n\
: DisarmLinkIfMoved() \n\
: DescribeLink() \n\
: xfeDoPopup() \n\
: ActivatePopup() \n\
Ctrl: PageUp()\n\
Ctrl: PageDown()\n\
Shift: LineUp()\n\
Shift: LineDown()\n\
None: LineUp()LineUp()LineUp()LineUp()LineUp()LineUp()\n\
None: LineDown()LineDown()LineDown()LineDown()LineDown()LineDown()\n\
Alt: xfeDoCommand(forward)\n\
Alt: xfeDoCommand(back)\n

Netscape*globalNonTextTranslations: #override\n\
Shift: LineUp()\n\
Shift: LineDown()\n\
None:LineUp()LineUp()LineUp()LineUp()LineUp()LineUp()\n\
None:LineDown()LineDown()LineDown()LineDown()LineDown()LineDown()\n\
Alt: xfeDoCommand(forward)\n\
Alt: xfeDoCommand(back)\n
: \n\
,: xfeDoCommand(back)\n\
,: xfeDoPopup()\n\

以上でNC4の設定は終わりです。XFree86を再起動して、確認してみましょう。

次に、Xmuleの設定をします。あらかじめ、~/lib/emacsというディレクトリを作っておきます。
PJEでmuleをインストールしていれば、/home/pjeディレクトリの中に.emacsというファイルがあります。これをホームディレクトリにコピーしておきます。

mwheel.elをダウンロードしておいて、先ほど作成した~/lib/emacsディレクトリに入れておきます。
そして、~/.emacsファイルを編集します。

その他の設定のところ(最後のほうです)の

(setq load-path (append ’("~/lib/emacs") load-path))
行がコメント行になっているので;;を外しておきます。

Xmuleの設定のところ(さらに下です)に
(load "mwheel")
という行を追加しておきます。

以下のスクリプトを追加します。

---------------- ここから -----------------

;;=============================================================================
;; scroll on mouse wheel
;;=============================================================================

;; scroll on wheel of mouses
(define-key global-map ’button4
’(lambda (&rest args)
(interactive)
(let ((curwin (selected-window)))
(select-window (car (mouse-position)))
(scroll-down 5)
(select-window curwin)
)))
(define-key global-map [(shift button4)]
’(lambda (&rest args)
(interactive)
(let ((curwin (selected-window)))
(select-window (car (mouse-position)))
(scroll-down 1)
(select-window curwin)
)))
(define-key global-map [(control button4)]
’(lambda (&rest args)
(interactive)
(let ((curwin (selected-window)))
(select-window (car (mouse-position)))
(scroll-down)
(select-window curwin)
)))

(define-key global-map ’button5
’(lambda (&rest args)
(interactive)
(let ((curwin (selected-window)))
(select-window (car (mouse-position)))
(scroll-up 5)
(select-window curwin)
)))
(define-key global-map [(shift button5)]
’(lambda (&rest args)
(interactive)
(let ((curwin (selected-window)))
(select-window (car (mouse-position)))
(scroll-up 1)
(select-window curwin)
)))
(define-key global-map [(control button5)]
’(lambda (&rest args)
(interactive)
(let ((curwin (selected-window)))
(select-window (car (mouse-position)))
(scroll-up)
(select-window curwin)
)))

---------------- ここまで -----------------

参考にさせていただいたページはこちらです。一度のぞいてみてください。
ホイールマウスを使ってみる について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<RIVA TNTでXFree86  XMCDを使ってみる>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Slackware Linux > ホイールマウスを使ってみる





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【ホイールマウスを使ってみる】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/slackware/?text_no=107
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved