Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Slackware 3.6 でのサーバー構築(Apache,SAMBA,BINDなど)、および各種設定方法


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
Google
 
TOP > Slackware Linux > MIDIプラグインの設定

MIDIプラグインの設定

更新日:2007-10-19 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Slackware3.6

まずmidiプラグインと、awedrv-0.4.2d.tgz、awemidi-0.4.2b.tgz、awesfx-0.4.2.tgzをダウンロードしてきます。
awedrvのインストール
#tar xvzf awedrv-0.4.2d.tgz
#cd awedrv-0.4.2d
#sh ./install.sh
これでカーネルソースにAWE32用のドライバが組み込まれました。
カーネルの再構築をします。
Sound card support mount
AWE32 synth yes
モジュールの作成(make modules ; make modules_install ; depmod -a)も忘れずにやっておきます。
これでカーネルはAWE32を扱えるようになりました。
awemidi、これはmidiファイルを再生するためのツールのようなのでインストールは必要ないかとも思いましたが、一応やっておきました。
#tar xvzf awemidi-0.4.2b.tgz
#cd awemidi-0.4.2b
#xmkmf
#make all
#make install
awesfxのインストール。これはサウンドフォントをロードするためのツールです。
#tar xvzf awesfx-0.4.2.tgz
#cd awesfx-0.4.2
#xmkmf
#make Makefiles
#make all
#make install
/usr/local/lib/sfbankディレクトリを作ってその中にサウンドフォントファイルをコピーしておきます。
これで一通りインストール作業は終りました。あとは、設定です。
PnPボードのための設定をします。
#pnpdump > pnpconf
#cp pnpconf /etc/isapnp.conf
isapnp.confを設定にあわせて編集します。(僕の場合です)
---------------------------------------------------------------
#(DEBUG)
(READPORT 0x0203)
(ISOLATE)
(IDENTIFY *)
# Card 1: (serial identifier ec 0d 2a da 73 9e 00 8c 0e)
# CTL009e Serial No 220912243 [checksum ec]
# Version 1.0, Vendor version 1.0
# ANSI string -->Creative SB AWE64 Gold<--
#
# Logical device id CTL0031
#
# Edit the entries below to uncomment out the configuration required.
# Note that only the first value of any range is given, this may be changed if r
equired
# Don’t forget to uncomment the activate (ACT Y) when happy
(CONFIGURE CTL009e/220912243 (LD 0
# ANSI string -->Audio<--
(INT 0 (IRQ 10 (MODE +E)))
(DMA 0 (CHANNEL 1))
(DMA 1 (CHANNEL 5))
(IO 0 (BASE 0x0220))
(IO 1 (BASE 0x0300))
(IO 2 (BASE 0x0388))
(ACT Y)
))
# Logical device id CTL0021
#
# Edit the entries below to uncomment out the configuration required.
# Note that only the first value of any range is given, this may be changed if r
equired
# Don’t forget to uncomment the activate (ACT Y) when happy
(CONFIGURE CTL009e/220912243 (LD 2
# ANSI string -->WaveTable<--
(IO 0 (BASE 0x0620))
(IO 1 (BASE 0x0a20))
(IO 2 (BASE 0x0e20))
(ACT Y)
))
# Logical device id CTL7001
#
# Edit the entries below to uncomment out the configuration required.
# Note that only the first value of any range is given, this may be changed if r
equired
# Don’t forget to uncomment the activate (ACT Y) when happy
(CONFIGURE CTL009e/220912243 (LD 3
# Compatible device id PNPb02f
# ANSI string -->Game<--
# Logical device decodes 16 bit IO address lines
# Minimum IO base address 0x0200
# Maximum IO base address 0x0200
# IO base alignment 1 bytes
# Number of IO addresses required: 8
(IO 0 (BASE 0x0200))
(ACT Y)
))
# Logical device id CTL0051
#
# Edit the entries below to uncomment out the configuration required.
# Note that only the first value of any range is given, this may be changed if r
equired
# Don’t forget to uncomment the activate (ACT Y) when happy
(CONFIGURE CTL009e/220912243 (LD 4
# ANSI string -->StereoEnhance<--
# Logical device decodes 16 bit IO address lines
# Minimum IO base address 0x0100
# Maximum IO base address 0x03f8
# IO base alignment 8 bytes
# Number of IO addresses required: 1
(IO 0 (BASE 0x0108))
(ACT Y)))
-----------------------------------------------------------------
あとは/etc/rc.localを編集して、起動時に有効になるように以下の行を追加します。
if [ -x /sbin/isapnp ]; then
echo "Configuring PnP devices"
/sbin/isapnp /etc/isapnp.conf
fi
echo "Loading sound module"
/sbin/modprobe -a sound
sfxload 4gmgsmt.sf4

最後に tar xvzf midiplg-0.4.1b1-bin.tgz として、展開したファイルをnetscape/plugins ディレクトリに入れておきます。
npmidi-nopanel.so か npmidi.soのどちらか1つでいいです。
npmidi.so を使う場合は .login などに setenv LD_PRELOAD /usr/local/netscape/plugins/npmidi.so と書いておきます。

これですべて終りです。リブートしてネットスケープでmidiがなるページに行ってみてきちんとなればOKです。

MIDIプラグインの設定 について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<RealPlayerを使ってみる  MP3PLAYERを使ってみる>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Slackware Linux > MIDIプラグインの設定





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【MIDIプラグインの設定】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/slackware/?text_no=104
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved