Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Redhat系Linux > ETG-US2(USBLAN)を認識させる

ETG-US2(USBLAN)を認識させる

更新日:2007-04-21 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:WhiteBoxEL4

インストール/設定するもの:Kernel

USBのLANアダプタを認識させてみます。ここで使ったのはIOデータのETG-US2です。
(ここで書いている内容は、Kernel-2.6.20.1でのことです。以前のバージョンではドライバをインストールしなければいけないようです。また、ソースの書き換え位置も違ってくるようです。)

このアダプタはAX88178が使われているようです。
あらかじめカーネルの設定をするときに、USBを有効にし、USB Network内の「AX88xxx」の項目を有効にしておきます。

カーネルソースに少し追加します。
/linux/drivers/usb/net/asix.c
static const struct usb_device_idのところ 赤字の部分を追加します。
},{
// 0Q0 cable ethernet
USB_DEVICE (0x1557, 0x7720),
.driver_info = (unsigned long) &ax88772_info,
},{
// I-O DATA ETG-US2
USB_DEVICE (0x04bb, 0x0930),
.driver_info = (unsigned long) &ax88178_info,

},
{ }, // END
};

カーネルのコンパイルが終わったら、モジュールのロードをします。
#modprobe asix

新しくインターフェースを作成しておきます。ここでは/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth1とします。
/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth1
DEVICE=eth1
BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.1.255
HWADDR=**:**:**:**:**:** <--ここはアダプタのMACアドレスを入力
IPADDR=192.168.1.123
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.1.0
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet

ここまできたら、インターフェースを起動します。
#ifup eth1

これでうまく接続できれば成功です。起動時から有効にするために以下の行を/etc/rc.localに追加しておきました。
/etc/rc.local
/sbin/modprobe asix
ifup eth1

ETG-US2(USBLAN)を認識させる について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<LANカード(PCC-TXD)を認識させる  XFree86のセットアップ>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > ETG-US2(USBLAN)を認識させる





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【ETG-US2(USBLAN)を認識させる】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=62
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved