Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Redhat系Linux > WhiteBoxEL4のインストール

WhiteBoxEL4のインストール

更新日:2007-11-08 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:WhiteBoxEL4

インストール/設定するもの:WhiteBoxEL4

WhiteBoxEL4をインストールしましょう。あらかじめLinuxをインストールするPCをCDから起動できるように設定しておいてください。

WhiteBoxEL4と他のOSとデュアルブートする場合はLinuxをインストールするパーティションをあらかじめ確保しなければいけません。
有料・無料でさまざまなツールがあるので使いやすいのを選びましょう
有料のものなら「PartitionMagic」、無料のものならKNOPPIXにも入っている「QtPartd」などがあります。
Linuxのみで使うのであれば、この作業は不要です。インストール中に領域を確保してフォーマットできます。

最近のHDDリカバリのものは注意してください。リカバリ領域まで消えたり、リカバリが起動できなくなったりします。
リカバリできるCD/DVDを作成しておいたほうが安全です。

さて、いよいよWhiteBoxEL4のインストールです。
WhiteBoxEL4のCDまたはDVDから起動すると「boot:」というプロンプトが出てきます。そこはそのまま「ENTER」キーを押します。

次に「CD Found」というタイトルでメディアをチェックするかどうかを聞かれます。
特に必要はないので「Skip」を選択します。心配であれば「OK」を選択してチェックしましょう

ここから、出てくるタイトル(左枠の太い文字です)とその意味を順番に書いていきます。何も選択する必要のない画面は「NEXT」または「次へ」を選択して進んでください。

1.Language Selection言語の選択です。もちろん「Japanese」を選択します。
2.キーボード設定キーボードの選択です。これも「Japanese」を選択します。
3.アップグレードの検証アップグレード可能なLinuxがインストールされていると出てきます。新規にインストールしたいので、ここでは「インストール」を選択します。
4.インストールの種類4種類から選択します。それぞれの用途で選択すればよいです。初めてまたはわからない場合は「WorkStation」を選択しましょう。どちらを選択してもあとで変更することができます。
5.ディスクパーティションの設定Linuxのパーティションの設定をします。手動でも設定できますがここでは「自動パーティション設定」を選択します。
6.自動パーティションの設定どのパーティションを使うかを選択します。Linuxのパーティションを削除してそこを使う、HDD内すべてを削除して使う、空き領域を使うの3つです。ここでは「すべてのLinuxパーティションを削除」を選択します。
7.ブートローダの設定他のOSも選択して起動したい場合はここで登録しておきます。設定を間違えると起動できなくなったりするので注意してください。HDDすべてを削除してインストールした場合は特に変更する必要はありません。
8.ネットワークの設定認識しているLANはここにリストされます。これは後でも設定できます。特に必要なければそのまま次に行きます。DHCPサーバからIPアドレスを取得する設定です。
9.ファイアーウォールの設定システムのセキュリティーを設定します。特に必要がなければそのまま次に行きます。ただし、「SELinux」がアクティブになっていると環境によってはうまく動かないことがあります。
10.追加の言語サポートここはよくわかっていません(^^ゞそのまま次に行きます。
11.タイムゾーンの設定タイムゾーンを選択します。日本ならアジア/東京を選択します。
12.Rootパスワードを設定root(管理者)のパスワードを設定します。半角英数で6文字以上です。大文字と小文字は区別されます。これを忘れるとシステムにログインできなくなるので気をつけましょう
13.パッケージインストールのデフォルト設定ここでインストールするパッケージを選択できます。デフォルトの内容でよければそのまま次へ、別のものもインストールしたいならインストールするパッケージセットをカスタマイズを選択して次に行きます。
ここまできたら、インストールが始まります。しばらく時間がかかるのでまっていましょう。インストールが終わったらディスクが出てくるので、取り出して「再起動」ボタンを押します。
14.ようこそそのまま次に進みます。
15.ライセンス同意書「同意する」を選択して次に進みます。
16.日付と時刻特に問題なければ、そのまま次に行きます。インターネットが使える環境ならネットワークタイムプロトコル(ntp)を有効にしてもよいでしょう。インターネット経由で時刻あわせが出来ます。
17.ディスプレイディスプレイの設定をします。「UnknownMonitor」となっている場合は「GenericCRT」または「GenericLCD」から自分のディスプレイにあった解像度を選びましょう。わからなければ1024x768Hzあたりを選択しておきましょう。
18.システムユーザー「root」以外のアカウントを作ります。少なくともひとつは作るようにしましょう。「root」で普段の作業をするのは大変危険です。あとでも作成できます。
19.サウンドカード認識していないとこの項目はありません。また、認識していても設定によって音が出ないのでテストサウンドがうまく出なくても気にせず先に進みましょう。
20.追加のCD特に必要なければそのまま次に進みます。インストール完了後でも追加することは出来ます。
21.セットアップの終了ここでセットアップ終了です。WhiteBoxELのログイン画面が出るので作成したユーザーまたはrootでログインしてみましょう。

WhiteBoxEL4のインストール について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<CentOS7で自動ログイン  Vine Linux3のインストール>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > WhiteBoxEL4のインストール





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【WhiteBoxEL4のインストール】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=54
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved