Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
Google
 
TOP > Redhat系Linux > CPUの速度を動的に変えてみる

CPUの速度を動的に変えてみる

更新日:2006-07-11 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:WhiteBoxEL4

インストール/設定するもの:Kernel

IntelのSpeedStep,AMDのPowerNow等のCPUの速度を切り替えるしくみはLinuxでもサポートされています。
ここではKernel-2.6.12.2をつかってやってみました。

まずはKernelを再構築します。(WBEL4だとそのままでもモジュールをロードするところからでも大丈夫なようです)
Power management option → CPU Frequency scaling内
CPU Frequency scalingY or M
powersave governorY or M
userspace governor for userspace frequencyY or M
ondemand cpufreq policy governorY or M
conservative cpufreq governorY or M
Intel Enhanced SpeedStepY or M
自分のつかっている機械に合わせて選択しておきます。

Pentium-M,Core Duo(Centrino Duo),CoreSoloの場合はEnhanced SpeedStepでよいようです。ただし、Core Duo(Centrino Duo),Core Soloの場合にはACPI周りも設定が必要なので「カーネルの再構築」も見ておいてください。

カーネルをコンパイルして再起動します。
#make ; make install ; make modules ; make modules_install ; depmod -a

切り替えの出来る周波数やモードはは以下のようにして確認できます。
#less /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_available_frequencies(周波数)
#less /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_available_governors(モード)

周波数やモードを切り替える場合は各ファイルにかきこみます。
#echo 1600000 > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_setspeed(周波数)
#echo ondemand > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_cur_governor(モード)

モードによる違いは以下のとおり
performance最大のパワーで固定
powersave最小のパワーで固定
userspace手動で設定。これにすることによってscaling_setspeedがでます
ondemandCPUの負荷に応じて設定。下がるときは段階的に下がります
conservativeondemandとは違い、CPU負荷に応じて段階的に上下します

CPUの速度を動的に変えてみる について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<Drupalのインストール  yumの設定>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > CPUの速度を動的に変えてみる





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【CPUの速度を動的に変えてみる】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=45
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved