Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
Google
 
TOP > Redhat系Linux > Drupalのインストール

Drupalのインストール

更新日:2005-01-01 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Redhat9,WhiteBoxEL4

インストール/設定するもの:Drupal

drupalを使うためには、PostgresqlとPHPが必要となります。あらかじめインストールしておきましょう。

まずはダウンロードしてきます
http://www.drupal.jp/

ここではapacheのdocument rootが/usr/local/apache/htdocsだとします。
ダウンロードしたファイルを/usr/local/apache/htdocs/drupal内に展開します
#cp /usr/src/drupal-4.6.2.tar.gz /usr/local/apache/htdocs
#cd /usr/local/apache/htdocs
#tar xvzf drupal-4.6.2.tar.gz

必要なデータベースを作成しておきます。データベース名はdrupalとなります。
データベースを作成できるユーザーになって以下のコマンドを実行します
#createdb -U pgsql -W drupal
#createuser -U pgsql -e drupal
#createlang -U pgsql -W plpgsql drupal
#psql -U drupal drupal > /usr/local/www/data/drupal/database/database.pgsql

インデックスを自動的に作るために以下を/etc/crontab内に追加しておきます
0 * * * * * /usr/bin/wget -O - -q http://localhost/drupal/cron.php

まずは最初に管理者になるアカウントを作成しておきましょう。最初に登録したアカウントが管理者のアカウントになります

このままでは英語ですからちょっと見にくいかもしれません。日本語にしましょう。
ここからはWEBブラウザでの作業になります。インストールしたマシンでもクライアントの機械でも大丈夫です
http://www.drupal.jpから日本語翻訳ファイルをダウンロードして、展開しておきます
展開するとja.poというファイルが出来上がります。

管理者でログインして、サイト管理→ローカライズ→インポートと進みます
言語ファイルは先ほどのja.poを選択し、インポート先は日本語としておきます

同じところのリストからデフォルトを日本語にしておきます

以上でインストールは終わりです。設定内容はたくさんあるので、ここでは書きませんが、いろいろ試してみてください(^-^)

Drupalのインストール について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<Kernel2.6のインストール  CPUの速度を動的に変えてみる>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > Drupalのインストール





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【Drupalのインストール】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=43
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved