Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Redhat系Linux > 覚え書き(未編集)

覚え書き(未編集)

更新日:2016-05-12 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:

CentOS7ではrc.localに実行属性を付けないと実行されない

chmod u+x /etc/rc.local
namedの設定
プログラム→システム→bindconf
追加→転送するマスターゾーン:ドメイン名domain
連絡先:root@domain
レコード→domain→編集
ネームサーバー server
IP 192.168.1.100
レコード→追加
レコードリソースの追加:ホスト
ホスト名:server
アドレス192.168.1.100
レコード→追加
レコードリソースの追加:エイリアス
エイリアス:ftp
ホスト名:server
レコードリソースの追加:エイリアス
エイリアス:www
ホスト名:server
追加→逆引きマスターゾーン
IPアドレス(初めの3バイト):192.168.1
ネームサーバー → 追加 → server.domain.
逆引きアドレステーブル → 追加
アドレス:192.168.1.100
フルホスト名:server.domain.
ここでIPの設定等をする
/etc/sysconfig/network-script/if-eth0,1 このファイルを編集してIPアドレスやゲートウェイを設定

----- 以下はRedhat9でやったこと -----------
Redhat9では/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth0→/etc/sysconfig/networking/devices/ifcfg-eth0になっている
でも有効なのは最初の方
route設定も同じところにeth0.routeとしてある
/etc/sysconfig/network内にデフォルトのgateway設定がある

namedの設定
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/bind907/bind907b.html
DDNSの書き換えを許可する設定。zone{…}の中に書く
allow-update{
192.168.1/24;
};

スクリプトからパスワードの変更
cat パスワード1回書いたファイル |passwd --stdin アカウント
cat パスワード2回書いたファイル |smbpasswd -sa アカウント


・framebufferの記事を書くこと。kernel2.6だとカーソルが見えなくなる。konを使って漢字が出るコンソールで操作する
・autofsの記事を書くこと。これによってWindows2000のフォルダが文字化け無く見えるようになりました。
空白が使えなかったのでautofsを最新のものにしたら使えた
libiconvを1.9.2+cp932.patchにした。cp932が扱えるようになるらしい。
/etc/auto.misc内
winxp -fstype=ntfs,user,umask=000,iocharset=euc-jp :/dev/hda1
data2 -fstype=smbfs,username=Administrator,password=,codepage=cp932,iocharset=euc-jp ://zero/data2
MyMusic -fstype=smbfs,username=Administrator,password=,codepage=cp932,iocharset=euc-jp ://zero/My Music

IEEE1394のドライブを接続する
SCSI Emulation、IEEE1394 support(EXPERIMENTAL)内 OHCI-1394 or Texas Instruments PCILynx support、SBP-2を有効にしておく
Texasの場合はCaharacter devices→I2C support内 I2C support,I2C bit-banging interfaceを有効にしないとチェックできません
カーネルを再構築

patch-o-matic-ng(kernel 2.4.29以降)
./runme extra
カーネルディレクトリとiptableのディレクトリを正しく指定して、pptp-conntrak-natの時のみYでパッチを当てる。
Network options内のNetwork packet filtering, IP Netfilter Configuration内のPPTP protocol support,GRE protocol supprot,を有効にしてコンパイル、インストール
その後、iptablesのインストール
使ったバージョンは以下の通り
kernel 2.4.30
iptables 1.2.11
patch-o-matic 20050506

----- 以下はWBEL4でやったこと -----------
pptpサーバの構築はいろんなモジュールをrpmでインストールしておこなう。
http://poptop.sourceforge.net/dox/redhat-howto.phtml
ここを参考に

パスワードの一括変更
chpasswd < pass.txt
pass.txtはアカウントとパスワードがファイル。フォーマットは以下の通り
username1:password1
username2:password2



覚え書き(未編集) について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<JpGraphを使う  

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > 覚え書き(未編集)





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【覚え書き(未編集)】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=42
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved