Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
Google
 
TOP > Redhat系Linux > USB-MOを使ってみる

USB-MOを使ってみる

更新日:2006-05-25 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Redhat7.1

インストール/設定するもの:Kernel

コマンドラインからlspciを実行し、そのマザーボードのUSBコントローラを調べます

#/sbin/lspci

うちだと実行結果はこんな感じ

00:00.0 Host bridge: VIA Technologies, Inc. VT8605 [ProSavage PM133] (rev 01)
00:01.0 PCI bridge: VIA Technologies, Inc. VT8605 [PM133 AGP]
00:07.0 ISA bridge: VIA Technologies, Inc. VT82C686 [Apollo Super South] (rev 40)
00:07.1 IDE interface: VIA Technologies, Inc. Bus Master IDE (rev 06)
00:07.2 USB Controller: VIA Technologies, Inc. UHCI USB (rev 1a)
00:07.3 USB Controller: VIA Technologies, Inc. UHCI USB (rev 1a)
00:07.4 Bridge: VIA Technologies, Inc. VT82C686 [Apollo Super ACPI] (rev 40)
00:07.5 Multimedia audio controller: VIA Technologies, Inc. AC97 Audio Controller (rev 50)
00:0a.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL-8139 (rev 10)
00:0c.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL-8139 (rev 10)
00:0f.0 FireWire (IEEE 1394): Lucent Microelectronics: Unknown device 5811 (rev04)
01:00.0 VGA compatible controller: S3 Inc.: Unknown device 8a25 (rev 02)


UHCIに設定すればよいようです。カーネルを再構築します

#cd /usr/src/linux-2.4.17
#make xconfig

SCSI Emulation yes
Support for USB yes
Preliminary USB device filesystem yes
UHCI or OHCI yes
USB Mass Storage support yes
#make dep;make clean;make;make install

これであっさり認識しました(^^)v

ついでにATAPI-MOもやってしまいましょう。順番が逆になりましたが、ATAPI-MOはkernel構築時に"SCSI emulation support"が有効になっていればよいようです。くわしくはここ↓
http://mo.fujitsu.com/jp/faq/os/index_pcat.html

デバイスはSCSIの先頭(sda)になります

USB-MOにメディアが入っていると、起動、終了に非常に時間がかかります
(ATA-MOは起動時にメディアが入ってないと正しく認識できません。これと逆です)


USB-MOを使ってみる について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<UPSを使ってみる  GRUBでEXT3を使う>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > USB-MOを使ってみる





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【USB-MOを使ってみる】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=29
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved