Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
Google
 
TOP > Redhat系Linux > PPTPサーバーの構築

PPTPサーバーの構築

更新日:2006-05-06 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Redhat7.1,Redhat7.3

インストール/設定するもの:Kernel,pppd,pptpd

まずはここからカーネル用のパッチをダウンロードしてきます。して/usr/src/ディレクトリにおいておきます。
http://planetmirror.com/pub/mppe/linux-2.4.16-oepnssl-0.9.6b-mppe.patch.gz

カーネルにパッチを当てます。カーネルのソースファイルは/usr/src/linux内にあるとします。
#cd /usr/src
#mv linux-2.4.16-openssl-0.9.6b-mppe.patch.gz /usr/src/linux/
#cd /usr/src/linux
#zcat linux-2.4.16-openssl-0.9.6b-mppe.patch.gz | patch -p1

pppをモジュールにして(mを選択して)カーネルを再コンパイル、再起動します。

/etc/modules.confに以下の行を追加します。
alias ppp-compress-18 ppp_mppe
alias ppp-compress-21 bsd_comp
alias ppp-compress-24 ppp_deflate
alias ppp-compress-26 ppp_deflate
alias ppp ppp_generic

編集後depmod -aを実行します

忘れないうちに/etc/rc.localにmodprobe pppを書いておきましょう
場合によっては、insmod slhcinsmod ppp_genericも書かないとつながらないかもしれません
ftp://ftp.planetmirror.com/pub/mppe/ppp-2.4.1-3mppe.i386.rpm
ここからpppモジュールをダウンロードしてきて、/usr/srcディレクトリに置いておきます。

これを使ってpppモジュールを新しくします。以下のコマンドを実行します
#cd /usr/src
# rpm -Uvh ppp-2.4.1-3mppe.i386.rpm

ftp://ftp.planetmirror.com/pub/mppe/pptpd-1.1.2-2.i386.rpm
ここからPPTPサーバーをダウンロードしてきて、/usr/src/ディレクトリにおいておきます。

これを使ってpptpサーバーをインストールします。以下のコマンドを実行します。
#cd /usr/src
#rpm -Uvh pptpd-1.1.2-2.i386.rpm

/etc/pptpd.confを編集します。
optionに使用するオプションファイル、localipに接続されたときの自分のIP、remoteipに相手に割り当てるIPを指定します。
option /etc/ppp/options.pptpd
localip 192.168.1.101-149
remoteip 192.168.1.150-200

両方ともLANで使用されていないアドレスを指定するようにしましょう。

/etc/ppp/options.pptpdを編集します。
+chapms-v2
mppe-128

mppe-stateless
を有効にします。+chapは無効にしておきます。これはうちの環境での設定です。環境によってちがうと思うのでいろいろ試してみてください。
mppe-128だけを有効にするとWindows98SE以前のOSは128ビットの暗号化がサポートされていないためつながりません(T_T)
ここからダウンロードしてアップグレードしておきましょう

しかし通信速度が激遅のようです。OSを変えたほうがいいかもしれません。
ここを参考にさせていただきました。ありがとうございますm(__)m
/etc/ppp/chap-secretsファイルを編集し、ユーザーを追加します。

ユーザー名 サーバ名 "パスワード" IPアドレス
IPアドレスは*でよいです
例:masashi012 pptpd "ここにパスワード" *

最後にpptpサーバーを起動します
# /etc/init.d/pptp start

ネットワーク内のコンピュータを見えるようにするためにsmb.confを編集します

domain master = yes
local master = yes
preferred master = yes
os level = 65
wins support = yes


/etc/ppp/options.pptpdも編集しておきます。一番最後の2行
ms-wins gau.hotlinux
ms-dns gau.hotlinux

を有効にしてください。ただしこれを有効にすると、DNS,WINSが動いてないと接続できなくなります。(>_<)これで2時間悩みました
PPTPサーバーの構築 について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<SAMBA(4系)のインストール/設定  PPTPサーバーの構築2>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > PPTPサーバーの構築





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【PPTPサーバーの構築】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=20
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved