Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
Google
 
TOP > Redhat系Linux > SAMBA(2系)のインストール

SAMBA(2系)のインストール

更新日:2007-11-14 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Redhat7.1,Redhat7.3,Redhat9

インストール/設定するもの:SAMBA 2.x

ここの内容はsamba-2.2.x用の記事です。2.0.x以前のバージョンはSAMBAの設定(Slackware3.6)のページをみてください。
samba-2.2.8a-ja-1.1.tar.gzをダウンロードします。

#tar xvzf samba-2.2.8-ja-1.1.tar.gz
#cd samba-2.2.8-ja-1.1/source/

コンパイル、インストールします。

#./configure
#make
#make install

/usr/local/samba以下にファイルが作られますので/etc/samba以下にリンクファイルを作っておきます。

#ln -s /usr/local/samba/lib/smb.conf /etc/samba/smb.conf
#ln -s /usr/local/samba/private/smbpasswd /etc/samba/smbpasswd

最後に起動時に実行されるように確認します。

/etc/rc.d/rc.localファイルの内容に追加します。
/usr/local/samba/bin/nmbd -D
/usr/local/samba/bin/smbd -D

バージョンによってsmb.confのデフォルトの位置が変わるようです。明示的に指定するためにはnmbd,smbdを起動する時に-sオプションで指定できます。

例:/usr/local/samba/bin/nmbd -D -s /usr/local/samba/lib/smb.conf

これで再起動してWindowsマシンからアクセスできるか確認します。

うまく起動しないこともあります。そんなときは/usr/local/samba/var/の中のログファイルをチェックしましょう。
また、このページが非常に参考になります。
この手順に従って確認してみましょう。

ゲストユーザーからプリンタ、共有フォルダを使えるようにするために

プリンタと共有フォルダは誰でも使えたほうが便利です。そのための設定をしておくことにします。
次の各行を追加します

smb.confへの追加分
[global]
map to guest = Bad User
coding system = EUC
client code page = 932

[printers]
guest = ok
[public]
guest = ok
[share]
write list = @samba
read list = @samba
create mask = 0774
directory mask = 0774

map to guest = Bad Userでユーザー名、パスワードが違う人はゲスト扱いでログインできるようになり、ゲストに許可されているところだけ見えるようになります

[share]のなかの
write list,read listは書き込み可能なユーザー、読み込み可能なユーザーを指定します。@○○でグループ名で指定できます。

・失敗した事例1
Windowsからあるユーザーで接続するとその後は自動的に接続されてsamba側のユーザーの切り替えができない場合があります。
そんなときは、コマンドラインから接続情報を更新すれば大丈夫です。
net use \\server_name /delete
net use \\server_name password /user:user_name

SAMBA(2系)のインストール について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<vsftpdのインストール/設定  SAMBA(3系)のインストール/設定>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > SAMBA(2系)のインストール





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【SAMBA(2系)のインストール】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=18
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved