Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
Google
 
TOP > Redhat系Linux > VNCのインストール/設定

VNCのインストール/設定

更新日:2007-12-02 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Redhat7.1,Redhat7.3,Redhat9,WhiteBoxEL4,Fedora8

インストール/設定するもの:VNC

Fedora8の場合は、realvncからダウンロードしたものはうまくインストールできません。
ソフトウエアの追加と削除からインストールしましょう。サーバー → ネットワークサーバー内にあります。
自力でインストールしてうまくいかない場合や、面倒な場合はこのようにパッケージマネージャからインストールしましょう。
Fedora8以外でも問題ありません。

ここからは、手動でインストールする方法です。
ここからダウンロード、インストールします。rootで作業します。

インストール用のスクリプト(vncinstall)が入っている場合はそれを使ってインストールします。
#./vncinstall /usr/local/bin

見当たらない場合は自力でインストールしましょう。
#cp vncviewer vncserver vncpasswd vncconnect Xvnc /usr/local/bin
(この行はバージョンによって中にあるファイルが異なるようです。すべての実行形式のファイルをコピーしておきます。)
#mkdir -p /usr/local/vnc/classes
#cp classes/* /usr/local/vnc/classes
(バージョンによっては#cp java/* /usr/local/vnc/classesとなります)

ここからは、設定方法です。インストール方法によらず同じように設定できます。

最初に vncserver と起動すると/root/.vncディレクトリができます。/root/.vnc/xstartupを編集します。
以下がその内容

/root/.vnc/xstartupの内容
#!/bin/sh
xrdb $HOME/.Xresources
LANG = ja_JP.ujis
export LANG
xsetroot -solid grey
kinput2 &
exec gnome-session &
xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &

これでgnomeが立ち上がってきます。

ただ、ここまでだといちいちVNCサーバーを手動で起動しなければならず面倒です。
そこで、xinetdから起動するように設定します。

/etc/xinetd.d/内にファイルをひとつ新規で作成します。ファイル名はvncとでもしておきましょう。以下が内容です

/etc/xinetd.d/vncの内容
service vnc-1024x768x16
{
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/local/bin/Xvnc
server_args = -inetd -query testserver.testdomain -once -geometry 1024x768 -depth 24

/etc/servicesファイルの一番下に次の行を追加します。
vnc-1024x768x16 5901/tcp
このサービス名はxinetd内に作ったファイルのサービス名と同じにしておきます(ファイル名ではありません)。5900+ディスプレイNoになります

/etc/X11/gdm/gdm.confファイルを編集します。
[xdmcp]の中
Enable=0 → Enable=1

これでxinetdを再起動します。
service xinetd restart

ランレベルを5にしておくのを忘れないでください
/etc/inittabの中
id:5:initdefault:

これで他のマシンから接続してみます。接続先は 192.168.1.101:5901(IPアドレスはサーバーのIPアドレスです)となります
グラフィカルログインの画面が出て、ログインできればOKです


VNC4.0からxinetd経由で起動する場合でもパスワードが必要になりました。接続時のパスワードファイルを用意してそのファイル名を指定する必要があります。
ここではそのファイルを/etc/vnc_passwordとします。
#vncpasswd /etc/vnc_password

/etc/xinetd.d/vncファイルのserver_argsに--PasswordFile=/etc/vnc_passwordを追加します。
接続時にvncのパスワードが聞かれ、その後ログイン画面が出るようになります。
VNCのインストール/設定 について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<Netatalk(1.6.4a)のインストール/設定  ProFtpdのインストール>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > VNCのインストール/設定





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【VNCのインストール/設定】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=16
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved