Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Redhat系Linux > Netatalk(1.5.3)のインストール/設定

Netatalk(1.5.3)のインストール/設定

更新日:2006-05-17 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Redhat7.1,Redhat7.3

インストール/設定するもの:Netatalk1.5.3

MACとファイル共有をするためにnetatalkのインストールしてみます。
取り掛かる前にKernelがAppleTalkサポートでコンパイルされているか確認しておきましょう

ソースファイルをダウンロードしてきます。これを/usr/src/に保存します。
ソースファイルを解凍します。
#cd /usr/src/
#tar xvzf netatalk-1.5.3.1.tar.gz
#cd netatalk-1.5.3.1

Makefileを編集します。
DESTDIR=/usr/local/atalk
MANDIR=/usr/local/atalk/man

./configureを実行します。
make ; make installを実行

これでインストールは完了しました。あとはサービスの設定です。
サービスの確認をします。/etc/servicesファイルの中を確認します。
rtmp 1/ddp # Routing Table Maintenance Protocol
nbp 2/ddp # Name Binding Protocol
echo 4/ddp # AppleTalk Echo Protocol
zip 6/ddp # Zone Information Protocol
/usr/local/atalk/etc/netatalk/atalkd.confの編集をします。最後の行に
eth1
を追加します。これに記述されたインターフェースからのアクセスを許可します

/usr/local/netatalk/etc/netatalk/AppleVolumes.defaultの編集をします。
このファイルでアクセスできるディレクトリを指定します。

~
/home/samba Public

の2行を追加します。

起動スクリプトのコピーします。
#cp /usr/src/netatalk-1.5.3.1/distrib/initscripts/rc.atalk.redhat /etc/rc.d/rc.atalk
#chmod 755 /etc/rc.d/rc.atalk

実行時に起動するようにrc.localの編集します。

/etc/rc.d/rc.atalk start
を追加します。これでLinux起動時に起動するようになります。

補足:sambaと共有する時は/etc/samba/smb.confを編集します
coding system = CAP
これでMACとWinで日本語のファイル名でも共有できます。ただし、Linuxから日本語ファイル名は見えません。


Netatalk(1.5.3)のインストール/設定 について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<PHPでグラフを書く  Netatalk(1.6.4a)のインストール/設定>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > Netatalk(1.5.3)のインストール/設定





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【Netatalk(1.5.3)のインストール/設定】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=14
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved