Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Redhat系Linux > Apache(2.0系)のインストール/設定 WebDAV編

Apache(2.0系)のインストール/設定 WebDAV編

更新日:2007-11-10 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Redhat9,WhiteBoxEL4,VineLinux3.2

インストール/設定するもの:Apache2

httpd-2.0.54.tar.gzをダウンロード。解凍したあとコンパイル、インストールします。
#./configure --enable-module="so ssl dav" --enable-module=rewrite
--enable-shared=rewrite --enable-rule=SHARED_CORE
--enable-suexec --enable-dav

#make
#make install

DAVLockDBファイル用のディレクトリを用意します。apacheから書き込めるような属性にしておきます。
#mkdir /usr/local/apache2/var
#chown wwwuser:wwwgroup /usr/local/apache2/var

WebDAV用のディレクトリを用意します。
#mkdir /usr/local/apache2/htdocs/davdir
#chown wwwuser:wwwgroup /usr/local/apache2/htdocs/davdir

認証用のパスワードファイルを準備します。
#/usr/local/apache2/bin/htpasswd -c /home/wwwuser/.htpasswd username

http.confファイルにWebDAV用の設定を追記しておきます。
/usr/local/apache2/conf/httpd.conf
<Directory "/usr/local/apache2/htdocs">〜</Directory>のしたくらい
DAVLockDB /usr/local/apache2/var/DAVLock
<Location /davdir> ← DocumentRootがルートになります
DAV on
AllowOverride All
AuthName "WebDAV"
AuthUserFile /home/wwwuser/.htpasswd
#AuthGroupFile /dev/null
AuthType Basic
require valid-user
</Location>

このままではサーバ上で日本語が文字化けしてしまうのでmod_encodingモジュールをインストールしておきます。
まずはhttp://webdav.todo.gr.jp/ここから以下のファイルをダウンロードしておきます。
mod_encoding 20021209.tar.gz
mod_encoding for Apache2 20040616版
上のファイルがmod_encodingのapache1.3用のプログラム全体、下がmod_encodingのapache2.0用の本体プログラムのようです。
上のファイルを解凍し、下のファイルを上書きしておきます。
#tar xvzf mod_encoding 20021209.tar.gz
#cp mod_encoding.c.apache2.20040616 mod_encoding-20021209/modencoding.c
#cd ./mod_encoding-20021209

まずは、iconv_hookライブラリのコンパイルとインストールをします。
#cd ./lib
#./configure
#make
#make install
#ldconfig

続いて、mod_encodingのコンパイルとインストールをします。
#cd ..
#./configure --with-apxs=/usr/local/apache2/bin/apxs
#make
#make install

こちらの環境ではmake installのときにエラーになってしまったため(WWBEL4.1)、手動でインストールすることにします。
#gcc -shared -o mod_encoding.so mod_encoding.o -Wc,-Wall -L/usr/local/lib -Llib -liconv_hook
#cp mod_encoding.so /usr/local/apache2/modules

ここまででインストールは完了です。引き続き設定を行いましょう。
httpd.confを編集します。
/usr/local/apache2/conf/httpd.conf
LoadModule encoding_module modules/mod_encoding.so

<IfModule mod_encoding.c>
EncodingEngine on
NormalizeUsername on
SetServerEncoding UTF-8
DefaultClientEncoding JA-AUTO-SJIS-MS SJIS

</IfModule>


あとはWindowsから接続してみましょう
ネットワーク接続→ネットワークプレースの追加→http://192.168.1.1/davdir/
で正しく認証できれば接続できます。

・失敗した事例1
WindowsXPからネットワークプレースの追加をしようとするとユーザ名がホスト名\ユーザ名に変換(?)されて認証できません。
これを回避するためにはネットワークプレースの追加をするときにWindowsXPのサービス:WebClientを一時的に停止するとうまくいきます。
フォルダにアクセスするときの認証はWebClientが動いていても大丈夫なようです。
もうひとつの解決方法としてmod_encodingをインストールするという方法もあるようです。(未確認)
Apache(2.0系)のインストール/設定 WebDAV編 について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<Apache(1.3系)のインストール/設定 SSL版  Apache(2.2系)のインストール/設定>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > Apache(2.0系)のインストール/設定 WebDAV編





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【Apache(2.0系)のインストール/設定 WebDAV編】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=12
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved