Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora/Vine Linux対応 インストール/設定


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Redhat系Linux > Apache(1.3系)のインストール/設定 SSL版

Apache(1.3系)のインストール/設定 SSL版

更新日:2006-05-17 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:Redhat7.1,Redhat7.3,Redhat9

インストール/設定するもの:Apache

Apacheをインストールする前にSSLのモジュールをインストールしておきます。
まずはopensslをインストールします。http://www.openssl.org/からダウンロードします。
ファイルは/usr/srcにおいておきます。

#tar -zxvf openssl-0.9.6g.tar.gz
#cd openssl-0.9.6g/
#./config --prefix=/usr/local --openssldir=/usr/local/openssl -fPIC
#make
#make test
#make install

つぎにmodsslをダウンロードします。http://www.modssl.org/
Apacheのコンパイルはここで行うのでいっしょにダウンロードしましょう。http://www.apache.or.jp/
両方ともファイルは/usr/srcにおいておきます。

#tar -zxvf apache_1.3.27.tar.gz
#tar -zxvf mod_ssl-2.8.11-1.3.27.tar.gz
#cd mod_ssl-2.8.11-1.3.27/
#./configure --with-apache=../apache_1.3.27 --with-ssl=../openssl-0.9.6g --prefix=/usr/local/apache --enable-shared=ssl --enable-module=so
#cd ../apache_1.3.27/
#make
#make certificate
#make install

./configure の後ろには普段apacheの./configureをかけるときのオプションがかけるようです。
make certificateを実行するとSSLの設定になります。下は一例ですから自分に合わせて変更しましょう。

SSL Key の作成 Signature Algorithm ((R)SA or (D)SA) [R]:R
 → 認証方式は: RSA
1. Country Name (2 letter code) [XY]:JP
 → 国名は: JAPAN
2. State or Province Name (full name) [Snake Desert]:Aichi
 → 都道府県は:Aichi
3. Locality Name (eg, city) [Snake Town]:Nagoya
 → 市区町村は:Nagoya
4. Organization Name (eg, company) [Snake Oil, Ltd]:XXXX
 → 団体名、企業名は:XXXX
5. Organizational Unit Name (eg, section) [Webserver Team]:XXXX
 → 所属部署は:XXXX
6. Common Name (eg, FQDN) [www.snakeoil.dom]:XXXX
 → 組織名は:XXXX
7. Email Address (eg, name@FQDN) [www@snakeoil.dom]:aaa@bbb.com
 → メールアドレスは:aaa@bbb.com
8. Certificate Validity (days) [365]:365
 → 証明書の有効期限は:30
Certificate Version (1 or 3) [3]:3
 → 証明書のバージョンは:3
Encrypt the private key now? [Y/n]:Y
 → 証明書の暗号化を行うか:Y
Enter PEM pass phrase: ????
 → パスワード入力:????
Verifying password - Enter PEM pass phrase:????
 → パスワード再入力:????

httpd.confの編集は通常のインストールの場合ととりあえず同じでやってみます。
では、起動してみましょう。

#/usr/local/apache/bin/apachectl startssl

起動したときにパスワードを聞かれますので、最初に設定したパスワードを入力しましょう。
ブラウザを開いてhttps://localhost/と入力してみましょう。正しく表示されればOKです(^-^)
SSL対応のapacheでHttpd.confの中のlistenの80のところをコメントにするとsslのみでつながります

Apache(1.3系)のインストール/設定 SSL版 について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<Apache(1.3系)のインストール/設定  Apache(2.0系)のインストール/設定 WebDAV編>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Redhat系Linux > Apache(1.3系)のインストール/設定 SSL版





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【Apache(1.3系)のインストール/設定 SSL版】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/redhat/?text_no=11
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved