Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
Google
 
TOP > その他のLinux > HDDまるごとバックアップをとる(Partimage)

HDDまるごとバックアップをとる(Partimage)

更新日:2009-03-22 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:KNOPPIX 5.3.1,KNOPPIX 6.0.1

インストール/設定するもの:KNOPPIX 5.3.1,KNOPPIX 6.0.1

KNOPPIX内に収録されているPartimageを使ってパーティションごとバックアップをとってみます。
Partimageは名前の通り、複数のパーティションをまとめてはとれません。パーティションごとにバックアップします。
フリーのソフトなのでちょっと心配かもしれませんが、
私が試したところでは、きちんとバックアップ/リストアできました。

※どの環境でも間違いなく動くという保証はありません。必ず本番の運用前にテストを行って動作することを確認しましょう。

NTFSの場合は、バックアップをとる前にデフラグをかけておいた方が良いとされているようです。

Partimageはコマンドプロンプトから起動します。
ユーティリティ→RootShell
下にあるアイコンのシェルではうまく表示されません。注意してください。

1.バックアップをとる
1-1.バックアップ/リストアの選択、ドライブの選択



Partition to save/restore
接続されているドライブとそのパーティションがリストされます。バックアップするドライブを選択します。
内蔵のATAドライブはhd??、SATAドライブやUSBドライブはsd??となっていることが多いです。(たまにSATAでもhd??となることもあるみたいです。)
Image file to create/use
作成するイメージファイル名をフルパスで入力します。ex:/media/hdb1/backup

Action to be done:
Save partition into a new image fileを選択します。

1-2.圧縮率、ファイル分割の選択



Compression level:
圧縮後のファイルサイズはNone>Gzip>Bzip2となります。
バックアップ速度はNone>Gzip>Bzip2となります。
Bzip2だとMBRが戻せないかNTFSに対応してないかそんな感じのエラーが出ます。(うろ覚え)
ここではGzip(デフォルト)を使用します。

Options:
ここの意味はよくわかっていません。
そのままにしておきます。

If finished successfully: 完了後の挙動を指定します。
ここではWait(デフォルト、なにもしない)を選択します。

Image split mode: ファイル分割を指定します。Automatic splitにすると容量一杯まで使ってから分割します。
デフォルトはInto files whoes size is ...(指定容量で分割)です。このままにしておきます。

1-3.バックアップファイルのコメント



イメージファイルにコメントを入れます。空白のままでも問題ありません。

1-4.警告



警告が出ますが、そのままOKを押します。

1-5.バックアップ情報の確認



各情報が出ます。確認したらOKをおします。

1-6.完了



正常に完了するとこの画面が出ます。これでバックアップは終わりです。

2.リストア

リストア先のドライブはあらかじめフォーマットしておきます。
KNOPPIXにはQtpartedやgpartedが収録されていますのでそれを使いましょう。
また、バックアップしたファイル名をフルパスで入力するところがあるのであらかじめファイルの場所と名前を確認しておきましょう

2-1.リストア先の選択



Partition to save/restore
接続されているドライブとそのパーティションがリストされます。リストアするドライブを選択します。

Image file to create/use
リストアに使用するファイル名フルパスで指定します。
バックアップしたファイル名.000となるので注意してください。

Action to be done:
リストアする場合は、Restore partition from an image fileを選択します。
リストア後、MBRを戻すとき(起動ディスクをリストアした場合)はRestore an MBR from the imagefileを選択します。

2-2.リストア先の選択



Options:
ここの意味はよくわかっていません。

If finished successfully: 完了後の挙動を指定します。
ここではWait(デフォルト、なにもしない)を選択します。


このあとはOKを押して進めていけばよいです。

起動パーティションを復元したときは復元が終わったあとに2-1のところの
Restore an MBR from the imagefileも実行しましょう。
これにより、起動できるようになります。


HDDまるごとバックアップをとる(Partimage) について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<KNOPPIXでデータ救出  KNOPPIXでHDD完全消去する>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > その他のLinux > HDDまるごとバックアップをとる(Partimage)





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【HDDまるごとバックアップをとる(Partimage)】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/other/?text_no=148
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved