Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Mac OS X (10.4 Tiger ~ ) を便利に使うための覚え書き。Mac OS X でのサーバー構築記録


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
Google
 
TOP > Mac OS X > Lingonでスクリプト管理

Lingonでスクリプト管理

更新日:2011-03-16 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:MacOS 10.5

lingonはGUIのlaunchd管理ツールです。

launchdとはOSXで起動時や定期的にスクリプトを実行するためのデーモンなのですが、
標準ではGUIのツールがありません。

launchdはplist形式のファイルを登録することで実行されます。
中身はXMLフォーマットで、タグを覚える必要もあり、大変です。

そこでこのGUIツールを使用することにしました。

http://sourceforge.net/projects/lingon/

ここからダウンロード、インストールします。
インストールはいつもと同じく、アプリケーションフォルダにコピーするだけ。
起動すると次の様な画面になります。



左上のnewを押して、新しい設定を追加します。
選択肢が出ます。それぞれの意味は以下の通り。
  • 自分がログインしているとき実行
  • 誰かがログインしているとき実行
  • システムが起動しているとき実行

以下の様な画面になるので必要な設定を行っていきます。



1.名前
なんでもよいです。launchdが識別できるユニークな名前を付けます。
例:com.hotlinux.testscript

2.スクリプト指定、引数もここで指定します。
例:/User/apple/Documents/test.sh test_arg

3.挙動の指定
必要に応じて設定します。
keep it running all the time no matter what happens:常に動かす
Run it when it is loaded by the system:起動したときまたはログインしたときに動かす
Run it every time a volume is mounted:ボリュームがマウントされたとき動かす
At a specific date:指定時間に動かす
Run it if this file is modified:指定ファイルが書き換えられたときに動かす
Run it if anything is placed into this folder:指定フォルダにファイルがはいってきたときに動かす

Expert Mode:plistファイルを直接表示します。(XML)

全部設定し終わったら、左上のsaveボタンを押してセーブします。
セーブ後、変更した部分が元に戻ってしまうことがありますが、再起動するまでは反映されないことがあります。
「セーブされない!」とかびっくりしなくても大丈夫です。

ターミナルを開いて、作成したplistファイルをロードしておきます。
lauchctl load /xxx/yyy/zzz/com.hotlinux.testscript.plist

これで再起動して、ターミナルを開き、「launchctl list」コマンドで登録されているか確認しておきましょう。
Lingonでスクリプト管理 について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<KNOPPIXでデータ救出  OSX Serverでホスト名変更>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Mac OS X > Lingonでスクリプト管理





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【Lingonでスクリプト管理】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/osx/?text_no=150
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved