Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Mac OS X (10.4 Tiger ~ ) を便利に使うための覚え書き。Mac OS X でのサーバー構築記録


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Mac OS X > MySQL 5.0のインストール/設定 - バイナリパッケージ

MySQL 5.0のインストール/設定 - バイナリパッケージ

更新日:2008-02-21 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:MacOS 10.4 Server

インストール/設定するもの:MySQL 5.0
http://dev.mysql.com/downloads/からMacOS用のパッケージをダウンロードしてきます。
使っているOSとMacによってパッケージがいくつか種類があるのであったものをダウンロードしてきます。
(余談ですがFireFoxでダウンロードしようとしたところ、うまくいきませんでした。Safariではきちんとダウンロードできます。)
また、ダウンロードするためにはMySQLへの登録が必要です。

ダウンロードが終わると「mysql-5.0.51a-osx10.4-i686.pkg」「MySQLStartupItem.pkg」という二つのインストール用のパッケージがあるので両方とも実行します。
「MySQL.prefPane」はシステム環境設定のウインドウにドラッグすることでMySQL用のボタンが追加されます。
これでシステム環境設定からMySQLがスタート/ストップできるようになりました。

インストールが終わったら、rootのパスワードも設定してしまいましょう。
ターミナルを開いて、次のようにコマンドを実行します。
#mysqladmin -u root password ******
(*******はパスワード)

これでrootのパスワードは変更されました。

GUIで操作するためにはMySQL Administratorという便利なツールがあります。

・全体をバックアップするには…
#mysqldump --user=root --password -x --opt -F --all-databases > /tmp/backup.dat
(--optは「--quick --add-drop-table --add-locks --extended-insert --lock-tables」と同じ)
rootのパスワードを聞かれます。間違えないように入力しましょう。

・全体をリストアするには
#mysql --user=root --password < /tmp/backup.dat
rootのパスワードを聞かれます。間違えないように入力しましょう。

MySQL 5.0のインストール/設定 - バイナリパッケージ について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<PostgreSQLのインストール-MacPorts編  sheepshaverを使ってみる>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Mac OS X > MySQL 5.0のインストール/設定 - バイナリパッケージ





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【MySQL 5.0のインストール/設定 - バイナリパッケージ】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/osx/?text_no=141
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved