Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Mac OS X (10.4 Tiger ~ ) を便利に使うための覚え書き。Mac OS X でのサーバー構築記録


★最新情報更新 2016-05-16  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
Google
 
TOP > Mac OS X > PostgreSQLのインストール-MacPorts編

PostgreSQLのインストール-MacPorts編

更新日:2008-11-13 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:MacOS 10.5

まずは、portsからPostgreSQLをインストールしましょう。rootになって作業を行いました。
$su
#port list postgre*

バージョンを確認してみたら、8.3が最新のようです。これをインストールすることにします。

$sudo port install postgresql83
$sudo port install postgresql83-server

しばらく時間がかかります。じっと待ちます。

完了したら、自動起動するように設定します。
#launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.postgresql83-server.plist

PostgreSQL用のデータディレクトリを作成しておきます。今回は/opt/local/var/db/postgresql83/dbに置くことにしました。
#mkdir -p /opt/local/var/db/postgresql83/db
#chown postgres:postgres /opt/local/var/db/postgresql83/db

起動用のスクリプトも/opt/local/var/db/postgresql83/dbを使うように修正します。
#emacs /opt/local/etc/LaunchDaemons/org.macports.postgresql83-server/postgresql83-server.wrapper
POSTGRESQL83DATA=/opt/local/var/db/postgresql83/db ← この行追加
su postgres -c "${PGCTL} -D ${POSTGRESQL83DATA:=/opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb} start -o -i -l /opt/local/var/log/postgresql83/postgres.log" ← 赤の部分追加(書き込む場所と順番に注意)

#su postgres -c ’/opt/local/lib/postgresql83/bin/initdb -D /opt/local/var/db/postgresql83/db’
文字コードをEUC-JPにしたい場合は次の通り
#su postgres -c ’/opt/local/lib/postgresql83/bin/initdb -D /opt/local/var/db/postgresql83/db -E EUC-JP --no-locale’
では、早速起動してみましょう。起動するには以下のようにします。これはユーザ:postgresじゃないと実行できません。
$/opt/local/lib/postgresql83/bin/postgres -D /opt/local/var/db/postgresql83/db
または
$/opt/local/lib/postgresql83/bin/pg_ctl -D /opt/local/var/db/postgresql83/db -l logfile start

ps axコマンドなどで起動していることを確認しておきましょう

・データベースに言語を追加する
PL/PGSQLが使いたかったため、次のようにして言語を追加しました。
$/opt/local/lib/postgresql83/bin/createlang plpgsql testdb
testdbは追加するデータベース名です。
さらに、今回は「dblink関数」(外部のDBへ接続するための関数)を使いたかったのでこれも追加しておきます。
これを追加するには/opt/local/var/macports/software/postgresql83/8.3.0_1/opt/local/share/postgresql83/contrib/dblink.sqlの内容をpgadminから実行します。pgadminからでなくてもそのデータベースに接続してSQLが実行できれば何でもかまいません。
pgadminからだとエラーが出る、等でコマンドラインから実行する場合は以下の通りです。
psql -U postgres -d [DB名] < /opt/local/var/macports/software/postgresql83/8.3.0_1/opt/local/share/postgresql83/contrib/dblink.sql
これでストアドプロシージャ内から外部DBに接続できるようになりました。
PostgreSQLのインストール-MacPorts編 について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<GIMPのインストール  MySQL 5.0のインストール/設定 - バイナリパッケージ>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Mac OS X > PostgreSQLのインストール-MacPorts編





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【PostgreSQLのインストール-MacPorts編】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/osx/?text_no=139
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2017 Hot Linux,All right reserved