Hot Linux トップページ(Redhat/CentOS/FedoraCore/Fedora Linux対応 インストール/設定 Linuxを始めたい人もLinuxで困っている人もどうぞ!)
インストール用メディアの入手はこちらから

Mac OS X (10.4 Tiger ~ ) を便利に使うための覚え書き。Mac OS X でのサーバー構築記録


★最新情報更新 2018-10-25  ★ハードウエア最終更新 2009-12-13

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   
広告
TOP > Mac OS X > KNOPPIXでデータ救出

KNOPPIXでデータ救出

更新日:2008-01-17 

うまく印刷できないときは…


●実行環境:MacOS 10.5

使用するもの:KNOPPIX

不意にOSが起動しなくなってしまうことがあります。
普段きちんとバックアップを取っていればよいのですが、なかなかそうはいきません。

そんなときは、KNOPPIXを使用してデータを救出してみましょう。

条件としては以下のとおりです。
1.IntelMacでKNOPPIXが起動できること
2.HDDが認識していて、読み取ることができること。(HDDから起動はできなくてもよいです)
3.KNOPPIXから認識できる外部の記憶装置(USBメモリやNASなど)があること。

KNOPPIXをCDドライブに入れてCキーを押しながら起動します。

boot:が出たら「knoppix lang=ja.utf8」と入力します。これはMacで使っていたHDDの日本語ファイル名を正しく表示するためです。
キー配列が英語になっているので注意してください。「=」は日本語キーボードだと「^」のところにあります。

KNOPPIXが起動できたら、デスクトップ上にHDDドライブが見えているはずです。ここで見えていなければKNOPPIXでは救出できません。
いくつかドライブが見えたと思います。sda1はEFIの領域、sda2以降が普段使っている領域です。私はひとつのパーティションで使っていたのでsda1,sda2が見えていました。
sda1システム用のファイルしかありませんのでsda2内のデータを救出することにします。
しかし、このままではフォーマットタイプが不明と言われ開けません。コマンドプロンプトから直接マウントします。
コマンドプロンプトを開き、次のように入力します。
su
mount -t hfsplus /dev/sda2 /mnt/sda2

※hfsplusはMacで使っているフォーマットの指定
※/dev/sda2はマウントするHDD
※/mnt/sda2はマウントする場所

こうしておけばデスクトップ上にあるアイコンを開いてもエラーにならずきちんと表示されます。
正しく日本語ファイルも表示されているか確認しましょう。

次に、USBメモリをさしてみます。きちんと認識すれば、またデスクトップにアイコンが出ます。
読み込み専用でマウントされていることがあります。そのときは右クリック→Change Read/Write Modeを選択すると書き込み可でマウントしなおしできます。

ここまできたら、OSXでファイルコピーをするのと同じ要領で必要なものをコピーしていくだけです。
KNOPPIXから起動したドライブ以外のCD-RやDVD-Rが認識できれば、データを書き込むこともできます。ライティングソフトはk3bというソフトが入っています。

KNOPPIXでデータ救出 について質問する


別サイトもあります。リリース中のiPhone/iPad用便利アプリがいろいろ!ぜひご覧ください。
<<Parallels Desktopの仮想ディスクのサイズを変更  Lingonでスクリプト管理>>

URLをみんなに教えるつぶやく  シェア   

TOP > Mac OS X > KNOPPIXでデータ救出





携帯でこの記事を読む
下のバーコードを携帯で読み取ろう!モバイル版の【KNOPPIXでデータ救出】が読めます

http://www.hot-linux.org/mobile/osx/?text_no=138
メインメニュー






Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

Hot Linux PDF
Hot Linux PDF

サイズ
約41.6MB
更新日
2016/07/09

Copyright (C) 1998-2018 Hot Linux,All right reserved